2018年12月5日水曜日

Rhinocerosのメッシュ出力について

RhinocerosはフリーフォームNURBSモデリングに特化した3Dサーフェスモデラーですが、NURBS曲面で構成されたサーフェスモデルのデータをポリゴンメッシュに変換する機能も備えています。

ポリゴンメッシュに変換することで立体出力や他DCCツールとの連携など、より多くの用途へとRhinocerosで制作したデータを活用することができます。多くのCADソフトでサポートされているSTL形式のデータもポリゴンメッシュで構成されています。

ポリゴンメッシュに変換することで立体出力や他DCCツールとの連携など、より多くの用途へとRhinocerosで制作したデータを活用することができます。多くのCADソフトでサポートされているSTL形式のデータもポリゴンメッシュで構成されています。Rhinocerosは簡単な操作でNURBS曲面をポリゴンメッシュへ変換することができますので、その工程をご紹介します。





シンプルな構成のNURBS曲面です。
NURBS曲面はこういった簡単な形状にとどまらず、複雑な自由曲面形状を数学的に正確な形で表現することができます。



ポリゴンメッシュに変換したいサーフェスを選択し、ツールバーの『メッシュ(M)』→『NURBSオブジェクトから作成(F)』を選択します。


ポリゴンメッシュオプションのダイアログが出ますのでスライダーを調節することで出力されるポリゴンメッシュの精度を設定できます。

プレビューボタンを押すことで出力コマンドを実行する前に出力結果を確認できます。狙い通りの形状が作れそうであったならOKを押してください。


NURBS曲面がポリゴンメッシュに変換されました。
今回の様に狙ったオブジェクトを変換する方法以外にも、NURBS曲面で構成されたデータを選択してメッシュデータ形式が求められる拡張子でエクスポートすることで、自動的にポリゴンメッシュオプションを呼び出して出力前に変換が必要な曲面データをポリゴンメッシュに置き換えて出力する機能も備わっています。

Rhinocerosはポリゴンモデリングツールではありませんが、NURBS曲面から変換したポリゴンメッシュや、他ツールで出力されたポリゴンメッシュデータを編集・整理する際に便利な機能も用意されています。
そういった機能に関しても今後ご紹介していければと思います。


Rhinoceros6の購入はコチラから

●ディプロスオンラインサイト


●御見積り、評価版ダウンロードのご依頼/お問合せ
 ディプロス株式会社 エンジニアリング事業部
 tel:052-857-0120 /mail:soft@dipross.jp



ディプロスでは製品の企画から設計・試作までの請負業務も行っております。
樹脂製品に関わる開発を得意としており、製造工程を理解した技術者が多く在籍しているため、
一連の工程でもスポット対応でもお客様の思いを理解し、形にできる事を大きな強みとしております。

自動車・遊技機・玩具・家電・生活雑貨など様々な業界のお客様と取引させていただいておりますので
何かお困り事がございましたらご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年11月26日月曜日

Geomagic DesignXによるメッシュ修正 -穴埋め編 その1-

今回は弊社で取り扱いのあるGeomagic DesignXの「穴埋め」機能をご紹介します。


Geomagic DesignXとは?

Geomagic DesignXは3Dスキャンなどによって得られたポリゴンデータ(点群)の処理機能と3DCAD機能を融合し、ポリゴンデータから本格的な3D設計をおこなえる強力なリバースエンジニアリングソフトです。SolidWorksなどの汎用的なCADソフトウエアと互換性のあるフィーチャーベースのソリッドモデルを作成することができます。

ポリゴン修復の重要性

得られたポリゴンデータに欠損があれば、正確なリバースエンジニアリングを行えず、求めているデータを希望通りに作成できない場合があります。
その時に活用できるツールがGeomagic DesignXの「穴埋め」機能です。

実際に穴埋めをしてみよう

今回は通常の「穴埋め」機能を使用して、穴埋めをします。


赤く囲われている部分が「穴」になります。

「ポリゴン」タブから穴埋めを選択し、空いている穴をクリックで選択し、実行します。

穴が埋まりましたが、形状的に適していません

方法を「フラット」から「曲率」に変更します。

穴周辺のポリゴンの流れ(曲率)を考慮し、綺麗に穴を埋めることができました。

このように欠損したポリゴンモデルを修復することで、より正確なリバースエンジニアリングにつなげることができます。
今回は穴埋めに「曲率」を使用しましたが、モデルデータの形状やポリゴンの流れによっては「フラット」を使用したほうが良いということもあります。
状況に応じてポリゴンモデルの修復に使える「穴埋め」機能を皆さんも使用してみてください。

「穴埋め」機能以外の高度な穴埋め方法も今後ご紹介していく予定ですのでお楽しみに。



Geomagic DesignXの購入はコチラから


●ディプロスオンラインサイト


●御見積り、評価版ダウンロードのご依頼/お問合せ
 ディプロス株式会社 エンジニアリング事業部
 tel:052-857-0120 /mail:soft@dipross.jp



ディプロスでは製品の企画から設計・試作までの請負業務も行っております。
樹脂製品に関わる開発を得意としており、製造工程を理解した技術者が多く在籍しているため、
一連の工程でもスポット対応でもお客様の思いを理解し、形にできる事を大きな強みとしております。

自動車・遊技機・玩具・家電・生活雑貨など様々な業界のお客様と取引させていただいておりますので
何かお困り事がございましたらご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年11月15日木曜日

Geomagic Wrapでリバースモデリング

Geomagic Wrapとは

Geomagic Wrapとは大容量のメッシュデータからサーフェスデータを構築するのに
特化したソフトウェアです。
単にサーフェスを構築するだけではなく、ポリゴンの修復機能も充実しているため
部分的に欠落したメッシュデータからでも周囲の形状を補完するように穴埋めができ、
最終的にソリッドデータまで制作することが容易にできます。

有機形状のリバースにおすすめ

Geomagic Wrapを特におすすめしたいのが、Zbrushなどでフィギュアや玩具を制作しているクリエイターの方や、文化財などをスキャンしデジタルデータ化している造形屋さんです。
CADで面構築するのが困難なメッシュデータのリバースモデリングをする際、特に威力を発揮します。


画像は12万ポリゴンのメッシュデータをGeomagic Wrapでサーフェス化したものになります。メッシュのインポートからIGESの出力まで5分程度で作業完了しました。
(データの品質や形状、データ量によって作業時間は異なります。)

ディプロスでもMesh2SurfaceやRhinoresurfなどのリバースソフトは取り扱っていますが、有機形状の高精度なリバースになると対応が困難です。

ZbrushなどのCGソフトが多く普及していく中、最終的にCAD化を行うためのツールとしてはすごく良いものだと思います。

Geomagic Wrapの購入はコチラから


●ディプロスオンラインサイト
 https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=155


●御見積り、評価版ダウンロードのご依頼/お問合せ
 ディプロス株式会社 エンジニアリング事業部
 tel:052-857-0120 /mail:soft@dipross.jp



ディプロスでは製品の企画から設計・試作までの請負業務も行っております。
樹脂製品に関わる開発を得意としており、製造工程を理解した技術者が多く在籍しているため、
一連の工程でもスポット対応でもお客様の思いを理解し、形にできる事を大きな強みとしております。

自動車・遊技機・玩具・家電・生活雑貨など様々な業界のお客様と取引させていただいておりますので
何かお困り事がございましたらご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




2018年11月5日月曜日

Rhinocerosでビューポートの画像を出力する

Rhinocerosの画面をレンダリング画像ではなくビューポートの画像を出力したいという場面はないでしょうか?
そういう場合にはRhinocerosでは上部メニューの ビュー>キャプチャ>ファイルに 
を実行することでjpegやpingなどの画像ファイルで出力することができます。


するとビューのキャプチャ設定というウインドウが出て出力の設定の項目が出てきます。
この項目はRhinoceros6で機能が追加されました。
特にスクリーンショットでは画像の解像度が荒くなることがありましたが、解像度の設定もここで行うことができます。


OKをクリックするとファイルを出力します。
そのままの設定だとサーフェスのエッジが表示されたままになります。


サーフェスのエッジを非表示にする場合には事前にシェーディング表示を設定する必要があります。

上記メニューの パネル>表示 を選択します。


すると表示に関するパネルが現れ、表示設定を細かく設定することができます。
チェック項目の中のサーフェスアイソカーブ、サーフェスエッジの項目をオフにします。

その後、同じようにキャプチャコマンドでファイルに出力すると下記画像のような
サーフェスエッジやアイソカーブの表示がない状態で出力できるようになります。


スクリーンショットではできない設定や沢山の画像が必要になる場合など非常に役に立つコマンドになります。
是非利用してみて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年10月25日木曜日

Rhinoceros AIデータ取り込み時のゆがみについて

AI(AdobeIllustorator)を多用するプロダクトデザイナーの皆様
残念なお知らせです。

デザイナーがAIを使ってキッチリ寸法を合わせてデザインラインを作成しても
モデラーや設計の方にラインは参考レベルとされてしまうことがあります。

どういう事かわかりやすいように実験しました。

 まずAIを使って直径100ミリの円を描きます。
AIで作成した直径100ミリの円をRhinocerousで開き
Rhino上で直径100ミリの円を描いて上から重ねます

重ねた時のラインのズレを計測しました。
※左下合わせで重ねました


念の為Rhino5でも開いて計測しました。

AI信者の皆様には残念なお知らせです。
AIで真円だと思っていた円は
実は
真円ではありませんでした

AIで円を作成した時のアンカーポイントの4点の数値は
ほぼ問題ありませんでしたが、アンカーポイントの途中の箇所
に関しては1/100の誤差が生じてしまっています。

数値で図形を制御する為、どれだけ拡大しても
狂いが少ないと言われていた「Postscript」
で描かれているAIですが
基本的に印刷やWeb系でのユーザーが多いためか
残念ながら寸法精度という概念がありません。
※pixelやmmといった作業用の単位はあります

対してRhinocerousを始めとしたCADでは
小さな精密機械から大きな建築物まで
あらゆる大きさの設計をするため
寸法精度とモデル単位はかなりあります。

今回問題となった寸法精度(距離精度)はこんな感じです。
小数点以下の数が1.0000000まであります

これだと百万分の1でもずれていたら
くっついていないと判断されてしまいます。
電子顕微鏡でないと見れない寸法です。

また作業単位はこんな感じです
ミクロンはいいとして
半分以上は普通に聞いたことが無い単位ですね。
なんのモデルを作るときにこんな単位で作業するんでしょうか。

ともかくCADの場合は単位や精度というのが
ファイルやCADごとに違ってくるため
精度が違う環境で作業すると
こちらの環境では面が繋がっているのに
先方のCADでは面が繋がっていない
と判断されて
トラブルの原因になってしまう事もあります。

現状のAI(CC2019現在)では寸法精度を指定できないので
残念ながら
AIでパスを繋いだつもりでいてもより寸法精度の細かいCADで
開いた時に文句を言われてしまうのはこういう事なんですね。

AIの場合は気をつけて直せる問題ではありませんが
意識だけしておいたほうがいいかと思います。

以上、ディプロス デザイナー 川合でした。


ディプロスでは製品の企画から設計・試作までの請負業務も行っております。
樹脂製品に関わる開発を得意としており、製造工程を理解した技術者が多く在籍しているため、
一連の工程でもスポット対応でもお客様の思いを理解し、形にできる事を大きな強みとしております。

自動車・遊技機・玩具・家電・生活雑貨など様々な業界のお客様と取引させていただいておりますので
何かお困り事がございましたらご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








2018年10月17日水曜日

【Rhino6技術情報_vol.10】大きく向上したレンダリング表示品質


お世話になっております。ディプロス株式会社でございます。
本日はRhinoceros 6で大きく向上した「レンダリング表示」についてご紹介いたします。


ソフトシャドウによるリアルな質感


デフォルトのRhinoレンダーでのレンダリングビューの表示品質がRhino 6では大きく向上しています。






物体から落ちる影がとても柔らかく表現できています。
これだけ綺麗な画像が得られるのであれば、ビューポートをキャプチャすれば
そのままプレゼン画像に使用できそうですね。



手軽に高品質の素材感を設定





Top/Front/Right/Perspectiveなどのビューの切り替えボタンを右クリックし
「レンダリング」を選択すると陰影が付いた白いレンダリングビューに変更されます。
こちらでも簡単にデザインのチェックを行うことができます。

詳細なマテリアル設定は、金属、プラスチックなど用意されている基本素材を選択し
配色を変更するだけで簡単に設定できます。






光沢や表面テクスチャのバンプ機能などがデフォルトで多数用意されていますので
初心者の方でも簡単にご使用いただけます。

背景の環境ファイル、レンダリング画像の解像度設定なども
すべてパネルメニュー内でコントロールできます。
素早く作業を進めたいデザインモデラーにふさわしいレンダリングツールとなっています。

ぜひ、新規ライセンスのご購入、旧バージョンからのアップグレードをご検討ください!


Rhinoceros6の購入はコチラから


●ディプロスオンラインサイト
 https://www.dipross-online.com/products/list.php?category_id=13


●御見積りのご依頼/お問合せ
 ディプロス株式会社 エンジニアリング事業部
 tel:052-857-0120 /mail:soft@dipross.jp



Rhinocerosを購入する前に体験してみたい方へ


ディプロスではRhinocerosの無料体験セミナーを毎月開催しています!
自動車のドアミラーを題材にして、デザイン画からモデルを立ち上げる
実用的なRhinoでのモデリング手順をご体験いただきます。

●次回開催予定日
 2018年10月26日(金)13:00~17:00 ※定員によりキャンセル待ち
 2018年11月21日(水)13:00~17:00 ※残席5名

●開催場所
 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル2F セミナールーム

●定員 
 8名(毎回早くに満席となりますので、お早めにお申し込みください。)




Rhinocerosのスキルアップを目指される方へ


お客様のRhinocerosの習得レベルに合わせて各トレーニングメニューをご用意しております。
現在のご自分のレベルが不安な方状況に合った講座をご案内いたしますので
お気軽にお問い合わせください!








ディプロスでは製品の企画から設計・試作までの請負業務も行っております。
樹脂製品に関わる開発を得意としており、製造工程を理解した技術者が多く在籍しているため、
一連の工程でもスポット対応でもお客様の思いを理解し、形にできる事を大きな強みとしております。

自動車・遊技機・玩具・家電・生活雑貨など様々な業界のお客様と取引させていただいておりますので
何かお困り事がございましたらご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年10月5日金曜日

お客様はRhinoceros6のどこに価値を見出すのか

いつもお世話になっております。
営業課の清水です。

本日は

お客様はRhinoceros6のどこに価値を見出すのか

と題しまして
お客様がRhinoceros6をどういった動機でご購入いただくかについてお話ししたいと思います。
※あくまで私の営業活動に基づく私見です

◆Rhinocerosを使用している方(アップグレード)

Rhinocerosを既に使用していてアップグレードをする際に、お客様が一番興味を持たれるのは

「表示速度の向上」です



Rhinoceros6では5と比べて様々な面での表示速度が向上致しました。
日々の業務で使う頻度が高い方こそこの差は馬鹿にならない物になります。
そして、Rhinocerosのライセンスは買い切りですので、
いつかバージョンを上げるなら、早くから上げた方がよりメリットがあると考えるお客様が多数です。

◆Rhinoceros6から始めてRhinocerosを使用する方

最近ご購入いただくお客様の主な購入理由は

「Grasshopper」です



こちらはアルゴリズムを作成し人力では実現の難しいモデリングを可能にする素晴らしいツールです。
今までは別のCADを使用していた方も、業務に活用したいと購入、トレーニングを受講して下さる方が増えております。
そんなGrasshopperについて事例を含めてご紹介するセミナーが開催されますので、
ご興味のある方は是非ご参加下さい。

セミナー情報はこちら

https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=150

その他Rhinocerosについての疑問やご質問はお気軽にディプロスまでお申しつけ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)
▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━