2018年1月17日水曜日

Flamingoを導入するべき理由

新年が明けてから期末に向けて、何かと業務が忙しい時期かと思いますが
効率の良い業務のために今回はRhinocerosプラグインレンダリングツールの
Flamingoを導入するべき理由をまとめておきたいと思います。

以下の4点が大きな特長かと思います。

  1. レンダリングがキレイ(特に透明素材)
  2. マテリアル設定が楽
  3. 複数画像を一気にレンダリングできる(バッチレンダリング)
  4. ネットワークレンダリングできる(レンダファーム)

特に3、4の一気にネットワークレンダリングできる処理に関しては
アニメーションレンダとして使用する以外にも
気になる複数角度のレンダリングを一晩中かけて勝手にやっておいてもらう
ことができます。

またネットワークレンダ(レンダファーム)も
プリンターで書類を出力するのと同じような感覚で
レンダリング指示してから勝手にレンダリングが仕上がるイメージで
作業ができます。


■バッチレンダリング(複数ビューの一括レンダ)
 複数の画像を一気に出力します。お昼休みや就寝中に一気にレンダできます。
1.レンダしたい枚数分ビューを作成し、カメラ構図を決めます。

2.メニューからバッチレンダリングを選択し、レンダリングするビューを登録。
「ローカル(自分のPC)」または「ファーム(ネットワーク)」でのレンダリングを決める


3.複数のレンダ画像(nxtimage)が指定のフォルダに作成されます。
一枚づつ画像の調整と保存形式を決めて出力します。


■レンダーファーム(ネットワークレンダ)
 自分のPC以外のマシンを使い、別の作業をしながらバックグラウンドで
 レンダリングができます。
 紙のプリントアウトに近い感覚でレンダリングができます。
 バッチレンダやアニメーションにも対応しています。

   ※インストール方法など詳細はこちら
 http://help.mcneel.com/jp/flamingo/5/help/render-farm.html#install

 
レンダーファームのイメージ
 レンダーファームクライアントをインストールするPC(2台まで無料)は
 RhinoやFlamingoがインストールされていなくてもOKです。

PCのスペックによるとは思いますが、クライアントをインストールされたPCが
レンダ作業中に処理が重くなるというほどの影響は感じません。


特にレンダリングする機会の多いデザイナーの方にはおすすめです。


ディプロスデザイナー川合でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼Rhinoceros等のソフトウェアの販売、トレーニング・セミナーの申し込みはこちら
https://www.dipross-online.com/ (ディプロスオンラインショップ)

▼ソフトウェアの教育、3Dスキャナーの情報はこちら
https://www.dipross3d3.com/ (3D3 Solutions)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



0 件のコメント:

コメントを投稿